×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セカンドライフ初心者編

セカンドライフ初心者編

日本語版のBeta版のアカウント作成方法から簡単な稼ぎ方

  

セカンドライフというゲーム

セカンドライフをはじめるにはまず最初にアカウントを作成します。セカンドライフ名には希望する名前をいれます。 内蔵されているコンテンツクリエーションツールを使用して、バーチャルワールドに住んでいる他の住人と協 力がリアルタイムででき、何でも想像できるものを創り出すことが出来ます。 アバターと呼ばれているデジタルボディも、カスタマイズが豊富に可能でアイデンティティが作り出せます。 人口増加とともにネットワークが拡大され、本物そっくりの世界に完全に入り込むことが出来ます。 セカンドライフでは本物のビジネスを構築することが出来ます。そのためには、土地と実際の現金に交換可能 なマイクロ通貨を所有して、自己の開発能力を駆使し、組み合わせていくことが必要です。 セカンドライフ自体のインストールはすごく簡単なものです。 基本の移動や体験といったものも簡単ですごく楽しいです。あなた自身がセカンドライフの世界に到着した後 は、色々な方たちがきっと手助けしてくれることでしょう。ですので、このいろんな人たちがあふれている世界 を歩き回ってみてくださいね。


セカンドライフというゲーム

アカウントを作成するには。セカンドライフ名には希望する名前をいれます。 セカンドライフ姓には一覧から名字を選びます。パスワード・メールアドレス・生年月日をいれてアカウント 作成をクリックし、専用ソフトをダウンロードします。 アカウントで作成したファーストネームとラストネーム・パスワードを入力してConnectをクリックしたら接続せきます。 接続できないときはパソコンのスペックが不足している場合などです。 セカンドライフゲームの特徴のひとつとして経済的な取引が活発なところです。 ゲーム内で使用されている通貨「Linden」はアメリカドルとの相互交換が可能なため、ゲーム内で現実さな がらの商取引が行われています。 日本語版の場合チャットも日本語で楽しめます。翻訳機を装着すると同時翻訳してくれますなので外人さんとの会話が楽しめます。 最初はメニューがたくさんあってどうやって遊ぶの?という感じだと思いますが徐々に慣れてくれば服装変えたり、体型変えたりから はじめるとなじみやすいと思います。


現金に換金することも可能なゲーム

簡単な稼ぎ方としてまずは労働で稼ぐ方法。

ダンスパッドで踊って稼ぐ方法
セカンドライフ内の色々な場所にあるダンスパッドの上で踊るだけでリンデンドルがもらえる場所があります。 踊るだけで稼げるので、みんな狭い場所なのにひしめきあって踊っています。 現実とは違うので、セカンドライフ内ではダンスが得意じゃなくても踊れますので、踊って稼いでくださいね。

座って稼ぐ方法
セカンドライフ内では、一文無しの状態では何かを買おうとしてもやっぱり買えません。ベーシックアカウント は無料なのですが、プレミアムアカウントになると毎週お小遣いがもらえます。だから黙っていてもお金が入手 できるのですが、最初は無料のアカウントでセカンドライフを楽しんでから有料のアカウントを取得してもいい と思います。

セカンドライフの参加者は200万人を越えています。 ゲーム内での通貨は「リンデンドル」といいます。1日100万ドル近い流通量があります。更に現実のお金 に換金も可能です。 現実と仮想空間が入り混じっているような独特の世界がセカンドライフの特徴です。 セカンドライフ内で、土地を購入したり、お金を稼いだりするのって結構大事な事です。 土地を所有する場合、通常は、メインランドで購入する。またはプライベートランドで貸し出されてい る土地をレンタルするという方法があります。 購入とレンタルの違いは、購入の場合はリンデンラボにアカウントの支払いを行う必要があります。 レンタルの場合は、土地の所有者に対して支払いを行います。 どちらにしても、料金が発生することになります。


(C)セカンドライフ初心者編
治験ボランティア/ 排卵検査薬で妊娠をチェック/ オール電化住宅エコキュート/ セカンドライフ初心者編/ セカンドライフで遊ぶ/ 老人介護施設/ 高齢者に優しい家/ お年寄りと障害者のボランティア/ 福祉ボランティア/ 海外でボランティア/